Kei Owada
Gig Seeker Pro

Kei Owada

Tokyo, Japan | Established. Jan 01, 2014 | SELF

Tokyo, Japan | SELF
Established on Jan, 2014
Solo Pop R&B

Calendar

This band has not uploaded any videos
This band has not uploaded any videos

Music

Press


"Yu Sakai at Cotton Club, Tokyo"

さかいゆうのカバーライブ企画「RESPECT Vol.2」が、10月1日東京・丸の内のCOTTON CLUBにてファイナルを迎えた。

この企画は、さかいがリスペクトしてやまない洋・邦ミュージシャン2組の曲だけを演奏するカバーライブ。昨年開催された第1回目は、山下達郎とダニー・ハサウェイの名曲カバーが披露されたが、2回目となる今回、さかいが選んだアーティストは美空ひばりとスティービー・ワンダーとなった。

開演時間ぴったりに、さかいとバンドメンバーがステージに登場。バンドメンバーは、ギター柴山哲郎、ドラム岡野“Tiger”諭、そしてベースに日野”JINO”賢二。それぞれが圧倒的な個性をもった盤石な編成だ。

さかいゆう 10月1日 丸の内のCOTTON CLUB2
スティービー・ワンダー「Superstition」のカバーでライブはスタート。各楽器から生まれる“うねり”のあるグルーヴと、さかいの伸びやかな歌声が、今夜のライブが特別なものになる事を予感させた。つづいての「真赤な太陽」は、さかいのR&Bアレンジと歌うようなJINOのベースが、強烈なインパクトを残した。

さかいゆう 10月1日 丸の内のCOTTON CLUB3
「僕は子供の時、演歌と歌謡曲ばかり聴いていて、美空ひばりさんのアルバムを毎日ヘビロテしていました。ミュージシャンを志すようになってからは、スティービー・ワンダーに影響を受けました。美空さんとスティービーは共に、“こぶしの利いたソウルミュージック”だと思っています。」と、自身の音楽ルーツを語り、カバーライブを開催できる喜びを表現した。そして、SPECIAL GUESTのシンガー、大和田慧を呼び込み、デュエットで「Isn't She Lovely?」「お祭りマンボ」の2曲を披露。「お祭りマンボ」でのさかいのヴォーカルは、演歌・歌謡曲、そして美空ひばりへの強いリスペクトを感じさせる歌声であった。 - music man net


"Kei Owada at Billboard Tokyo"

プレミアム・ウィスキー“THE NIKKA”×Billboard Live、スペシャル・コラボ・イベントを開催

ウンサン(Woong San) 2015/08/17 14:55掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する
プレミアム・ウィスキー“THE NIKKA”×Billboard Live、スペシャル・コラボ・イベントを開催
 12年以上の原酒を厳選してブレンドした、プレミアム・ブレンデッド・ウイスキー“THE NIKKA”とビルボードライブがコラボレートし、夏の暑さを和らげる贅沢な時間をお届けする一夜限りのスペシャル・イベント、Free Your Mindがを8月20日(木)に東京・六本木 Billboard Live TOKYOで開催されます。

 ライヴ・アクトには新作アルバム『誘惑』(PCCY-50075 2,778円 + 税)を8月19日(水)にリリースする韓国No.1ジャズ・シンガー、ウンサン(Woong San)と60~70年代アメリカ音楽をルーツに持つ気鋭のシンガー・ソングライター大和田 慧が登場! - CD Jornal


"Summer Festival in Roppongi, Tokyo (TV)"

東京・六本木ヒルズで18日から始まる『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』(8月23日まで開催)では、期間中の毎週木曜~土曜の夜、六本木ヒルズアリーナの特設ステージで真夏の夜のジャズライブ「TamaHome NIGHT LIVE」を開催する。

 ジャズボーカリストのケイコ・リー、SING LIKE TALKINGのボーカル・佐藤竹善、世界的トランぺッター・日野皓正、ボーカルとギターのジャズユニット・Fried Pride、そしてアルトサックスプレイヤー・矢野沙織らが出演予定。入場無料で、アルコールをたしなみながら、国内外で活躍するジャズアーティストのスペシャルなライブが楽しめる。

7月19日:The Little Buddy’s/牧山純子/Fried Pride
7月22日:Meri
7月23日:矢野沙織
7月24日:今井亮太郎
7月25日:キム ウリョン
7月30日:Tres-men feat. arvin homa aya
7月31日:Jazztronik
8月1日:大和田慧
8月6日:ブルームーンオルガンカルテット
8月7日:ケイコ・リー
8月8日:日野皓正
8月13日:noon
8月14日:ミズノマリ(from paris match)
8月15日:佐藤竹善 - ORICON


Discography

Still working on that hot first release.

Photos

Bio

Kei Owada is a singer/songwriter from Tokyo, Japan.
Kei attracts her audience into her world with her music, which is influenced by Soul music and '60s and 70's American music such as Carole king, and with her words that resonates deeply with others.

Having words and music that are like a missing piece one has been searching for as her musical theme, Kei’s clear yet sensitive singing voice delivers her words gently, sometimes powerfully.


In 2013, Kei released her first EP  5 pieces+1 as a solo artist and expanded her musical career, performing in Japan and overseas while preparing to produce her next original EP.
Kei has travelled to NY, USA numerous times and joined jam sessions with local musicians.  In 2014, she has been chosen as a top dog (semi-finalist) at the Apollo Theater's amateur night in NY. In the same year, she performed at Nango Jazz festival, where Hiromasa Hino and TAKE 6 also appeared.
Then on November 2014,  she released an EP, A Part of me. Her new sound was coming directly from New York City, getting musical support from young acclaimed musicians.


In April 2016, Kei released her full album touching souls, which she collaborated with hotshot musicians in Japan. In July 2016, she has appeared Sapporo city jazz festival with Chikuzen Sato and also joined Yu Sakai’s show at Cotton Club in Tokyo as a guest singer. She is surely expanding the range of her musical career.


For more info about Kei, go to
http://www.keiowada.com/

Band Members